バイク買取シェアNo.1のバイク王

不要なバイクは実績のある専門業者で高価買取

 

バイクを買い替えるとき、また、手放すときは、下取りに出すよりも、自分で買取業者に依頼したほうが高く売ることができることは、ほぼ常識になっています。

インターネットが普及したことにより、自分で高い業者を見つけることができるようになりました。


息子が就職することになり、私が息子のバイクを売ることになったのですが、素人でもインターネットを活用することで納得のいく査定をしてもらいました。


私がポイントにしたこと(判断基準)は、業者の実績。

 


実際のショップには行ったことがありません。そのため、車を売却するときに利用したインターネットが簡単で便利だと思いました。

けれどもネットでの申し込みは直接店員と話すわけではないので、やっぱり

 ・店舗数の多さ
 ・上場の有無
 ・資本金の多さ
 ・販売実績

が安心材料となります。


店舗数が多い大手会社であれば、買取実績やノウハウが豊富ですし、失敗のリスクは少ないと思います。
これらの情報をもとに買取業者の実績ランキングを作成しましたので、参考にしてください。

バイク買取業者比較表

  バイク王 バイクランド バイクワン
店舗数 57店舗 9店舗

2店舗
オフィス5店舗

上場の有無 東証2部 名古屋証券取引所
セントレックス市場
未上場
資本金 5億9千万円 2億3千万円 未記載
販売実績 103,084台
(2016年11月期)
9,404台
(2016年2月期)
未記載
対応エリア 全国無料
一部離島除く
全国無料
一部離島除く
全国無料
離島記載なし
買取車種 国産車、外車
事故車、不動車
国産車、外車、
事故車、不動車
国産車、外車、
事故車、不動車​
キャンペーン 記載なし 記載あり 記載あり
総合評価 実績十分

1位
実績あり

2位
実績不安あり
未記載情報が多い
3位

 

バイク買取業者 実績ランキング

 

1位 バイク王

 

>>バイク王の公式サイトはこちらから<<

東証2部上場、57店舗

買取シェアNo.1の業界トップクラスの買取業者です。

・無料査定や全国ネットワークの無料出張買取 → 24時間365日体制で申込受付
・21時までの間で出張に来る時間を選べる → 仕事で忙しくて時間を取りづらい人にも配慮
・名義変更や廃車届け、ローンの処理代行 → 面倒な手続き、苦手な人も安心して任せられる

 

優秀な整備スタッフを揃えており安心!事故車や不動車も買取の対象となっています。
 

>>公式サイトはこちらから<<

2位 バイクランド

 

>>バイクランドの公式サイトはこちらから<<

名古屋証券取引所セントレックス市場、9店舗

買取シェアNo2.の買取業者(
旧社名はゲオバイク)


・キャンペーンの実施が多い → キャンペーンを適用すると他社よりもお得になる可能性も
・女性の買取専門士も在籍 → 女性ライダーの方は安心
・出張買取は、全国どこでも無料(沖縄・島根・鳥取・離島を除く) → 土日祝日、夜でも対応
・成約した場合は、その場で現金で支払ってくれる → 支払トラブルの心配がなく、手続きも無料代行

 

キャンペーン情報は要チェックです。

>>公式サイトはこちらから<<

3位 バイクワン

 

>>バイクワンの公式サイトはこちらから<<

未上場、2店舗(オフィス5店舗)

 

オンライン査定や全国無料の対応エリア → 上記、1位、2位と同等を確保しています。
店舗数は少ないがキャンペーンを積極的に行っている → 最高値になる可能性もありますね。
グループ会社でパーツを買い取る「パーツワン」も展開 → 買取に関しては積極的かつ専門家集団がこころ強い。

今後、情報が入り次第、適宜アップしていきますのでチェックしてください。


情報が少ないので3位としましたが、キャンペーンは魅力!
 

>>公式サイトはこちらから<<

まとめ

バイク買取業者の実績に基づいてランキングを作成しました。

1位としたのがバイク王です。

私が愛聴しているTBSラジオ「荒川強啓のデイキャッチ」のスポンサーもしていますし、テレビCMも積極的に展開しています。

 

売却に全く慣れていない私としては、メディアに露出が多いということは、安心材料、決定材料になりました。

それなりの資金力があり、買取・売却の回転が早くないと企業として広告を出すことは難しいですから。

 

反面、スタッフの対応が良くないと悪い噂もすぐに広まってしまうリスクがあります。

表裏一体だと思うのですが、実際に対応していただいたバイク王のスタッフさんはすごく丁寧で安心できました。

 

売却をご検討されているなら、私のおすすめはバイク王です。

 


>>バイク王<<

 

© 2018 バイク買取 rss